なめらかな仕上がりに|品川美容外科の豊胸手術は高評判|安心安全がモットー

品川美容外科の豊胸手術は高評判|安心安全がモットー

レディ

なめらかな仕上がりに

ウーマン

脂肪層の凹凸

脂肪吸引では、しばしば施術後の肌に凹凸が生じることがあります。なぜなら脂肪吸引は、脂肪層を局部的に削り取るという施術だからです。削り取った部分は当然くぼむので、それにより凹凸が生じるわけです。そのため脂肪吸引の施術後には、くぼんだ部分に周辺の脂肪を流し込むためのマッサージが必要となります。地面を掘ると穴があきますが、その穴を含む広範囲を耕して柔らかくすれば、穴は自然にふさがります。これと同じように、施術部位も十分にマッサージをおこなっていれば、くぼみのないなめらかな状態になるのです。逆に言えば、脂肪層に凹凸が生じるという失敗は、マッサージ不足に原因があるということなのです。そのため多くの人が、失敗を回避するために、施術部位の脂肪層を積極的に揉みほぐしています。

アフターケアのメリット

美容外科の中には、凹凸による失敗を防ぐためのアフターケアを別途おこなっているところもあります。たとえば、肌の上から脂肪層をローラーで押し潰すというエンダモロジーや、振動熱で脂肪を柔らかい状態にする高周波トリートメントなどです。これらのアフターケアでは、手によるセルフマッサージと比較すると、脂肪層が深い部分からほぐされます。したがって受けることで、より効率良く失敗を防止できるようになるのです。そのため、1週間に1〜2回のペースで美容外科に通って、アフターケアを受けるという人は多くいます。またアフターケアの際には、脂肪吸引によって生じた傷や内出血、むくみなどのチェックもおこなわれます。炎症や化膿などの問題があった場合には、速やかに処置がおこなわれるので、その点もアフターケアのメリットのひとつと言えます。